増悪期/活動期の食事の注意点

IBDと食事

執筆: 杉原 康平(栄養学博士、管理栄養士)
監修: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、米国管理栄養士)、堀田 伸勝(消化器専門医・医学博士)

 

こんにちは、ジーケアの杉原です。

今回は、炎症性腸疾患(IBD)活動期の食事について解説します。

消化管の炎症が非常に強く入院するような場合は、絶食にして中心静脈栄養(点滴により栄養剤を投与)あるいは経腸栄養(栄養剤を経口あるいは経鼻チューブなどを用いて投与)により栄養補給を行いますが、今回は入院には至らない活動期における日常生活での食事の注意点についてご紹介します。

IBD活動期における食事のポイント

  • 消化管の炎症を悪化させず腸管の負担の少ない食事
  • 高たんぱく質・低脂質・低食物繊維食
  • 脱水予防のために、こまめに水分補給

(1)IBD活動期はどんな栄養バランスがいいの?

IBD活動期の食事の目標は、1)消化管の炎症の増悪防止・寛解導入を目的とした消化管の負担の少ない食事、2)消化管の炎症により変化する、栄養素の消化吸収や代謝に合わせた栄養素を摂取することです。

管理栄養士が実際に栄養指導をする上でまず考えるのは、1)エネルギー、2)たんぱく質、3)脂質、4)炭水化物、5)微量栄養素(ビタミン、ミネラル)、6)食物繊維、7)水分の必要量を設定することです。

IBD活動期において、それぞれの栄養素で注意すべき点をまとめてみました。

1)エネルギー

以前はIBD活動期にはエネルギー消費量が増加するため1高エネルギー食が推奨されていました。しかし、IBD活動期ではエネルギー消費量が増加しても、身体活動量が低下するため、現在は、IBD活動期であっても健康な人と同じ程度で十分と言われています。2

一日のエネルギー摂取量を毎日計算するのは困難なので、エネルギー必要量を満たしているかは体重を指標とするのが分かりやすいと思います。週に1度は体重を測定して、自分の栄養状態を評価するのはとても重要です。

きちんと食事を摂取しているにもかかわらず体重減少が顕著な場合は、必要エネルギー量が満たせていない可能性があるので、担当の医師や管理栄養士に相談してみましょう。

2)たんぱく質

たんぱく質は、肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品に多く含まれており、筋肉や酵素など身体の構成成分となる重要な栄養素です。

IBDの活動期では、消化管の炎症によって、消化管からの吸収が低下するのに加え、たんぱく質やたんぱく質の原料となるアミノ酸の消費が増加するため、より多くのたんぱく質を摂取する必要があります(高たんぱく質食)。


3)脂質

脂質は、肉類・魚類・卵・乳製品・油脂類に多く含まれており、エネルギーの源になる栄養素です。

IBD活動期において脂質の摂取が病態に関与するという明確な科学的根拠(エビデンス)はありませんが、一般的に脂質は消化に時間がかかることにより、消化管に大きい負担がかかります。活動期では、消化管の負担をできる限り抑えるため、活動期は低脂肪食が望ましいと言われています。

また、脂質の総量だけでなく、脂質に含まれる脂肪酸(飽和脂肪酸、単価不飽和脂肪酸、オメガ3系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸)のバランスも重要となります。肉類・卵・乳製品・サラダ油などは炎症を悪化させる可能性のある飽和脂肪酸やオメガ6系脂肪酸を多く含んでおり、魚類・菜種油・オリーブ油などは炎症を抑制するオメガ3系脂肪酸やオメガ9系脂肪酸を多く含んでいます。

食の欧米化や加工食品の普及により、どうしても飽和脂肪酸やオメガ6系脂肪酸を摂取が増えてしまいがちになりやすいので、意識してオメガ3系やオメガ9系脂肪酸を摂取するように心掛けましょう。

4)炭水化物(糖質)

炭水化物は、ごはん・パン・うどんなどの主食となるような食品に多く含まれます。

このような主食に含まれる炭水化物は比較的安全ですが、精製された糖質(精白糖など)はIBD発症のリスクに関与すると報告されている3ので、精製糖の利用を抑えるか精製度の低い砂糖(きび砂糖など)を利用しましょう。

5)ビタミン・ミネラル

IBDの活動期では、十分に食事が摂取できないことや、炎症により体内への栄養素の吸収が阻害されることにより、ビタミン・ミネラルが不足する場合が多いので注意が必要です。4

不足しているビタミンやミネラルは、食事の改善やサプリメントから補うことにより栄養素の不足を改善することができます。

6)食物繊維

食物繊維は、ヒトの消化酵素では分解できない栄養素であり、野菜類・果物類・海藻類に多く含まれています。

食物繊維は脂質と同様に腸管の活動を活発にするため、IBD活動期では食物繊維の多い食品(ごぼう、セロリなど)の摂取は控えましょう(低食物繊維食)。

しかし、野菜や果物は、食物繊維以外にも、抗炎症作用がある様々なポリフェノールなどの生理活性物質(フィトケミカル)を含んでいるため、身体の健康のためには必要不可欠です。IBD活動期では全ての野菜などを制限するのではなく、なるべく食物繊維が少ない野菜を積極的に摂取していくようにしましょう。

7)水分補給

IBDの活動期では、下痢などにより電解物やミネラルが排泄されるため、それを補うために水分補給が必要にあります。

特に下痢の症状を有する患者さんの場合、下痢の悪化を恐れて水分の摂取を制限してしまうことにより、脱水の危険性が高まります。しかし、IBD活動期の下痢は、水分の過剰摂取ではなく腸管の炎症により引き起こされていることが多く、水分摂取が下痢を悪化させることは少なくないため、むしろ積極的な水分補給が必要となります。5

(2)IBD活動期における食事のまとめ

IBD活動期の食事の注意点について、特にIBD活動期で必要な栄養素・制限した方がいい栄養素について紹介させていただきました。

上記のポイントを簡単にまとめると、IBD活動期では高たんぱく質・低脂質・低食物繊維食が基本となります。

これらの食事のポイントは患者さんの病状により大きく異なりますので、担当の医師や管理栄養士に相談しながら、その患者さんに最適な食事管理を行うことが重要になります。

次回は寛解期の食事についてご紹介させていただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

IBD患者さん向けコミュニティーを7月1日にリリースしました。

 

Gコミュニティ | ジーケア | プロと患者さんが一緒に作るコミュニティ | IBD
Gコミュニティは、IBD(炎症性腸疾患)患者を対象とした、医療の専門家と患者さんが一緒に作るオンラインコミュニティです。本サービスでは、患者さんへ正しくわかりやすい医療情報と、専門家や他の患者さんと双方向性のコミュニケーションが取れる環境を提供することで、患者さんが悩みを解消し、前向きに生きることをサポートします。

いくつかの質問にお答えいただくだけで匿名・無料で登録できます。専門家への質問や他のIBD患者さんとの交流もできますので、日々の生活のサポートに、ぜひ、ご活用ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

参考文献

  1. Sasaki M, Johtatsu T, Kurihara M, et al. Energy Expenditure in Japanese Patients with Severe or Moderate Ulcerative Colitis. J Clin Biochem Nutr. 47(1):32-36, 2010.
  2. Forbes A, Escher J, Hébuterne X, et al. ESPEN guideline: Clinical nutrition in inflammatory bowel disease. Clin Nutr. 36(2):321-347, 2017.
  3. Sakamoto N, Kono S. Wakai K et al. Dietary risk factors for inflammatory bowel disease: A multicenter case-control study in Japan. Inflamm. Bowel Dis. 11,154–163, 2005.
  4. Weisshof R, Chermesh I. Micronutrient deficiencies in inflammatory bowel disease.Curr Opin Clin Nutr Metab Care. 18(6):576-581, 2015.
  5. Crohn’s and Colitis U.K. Information Sheet. Dehydration. http://s3-eu-west-1.amazonaws.com/files.crohnsandcolitis.org.uk/Publications/dehydration.pdf Accessed April 1st, 2019.
杉原康平

管理栄養士(日本)、栄養学博士。自身のクローン病を機に、栄養学の興味を持ち、管理栄養士の道を目指す。よりIBDを専門に勉強したい、また栄養学的な立場からIBD治療に貢献したいと思い、栄養学の大学院に進学する。栄養学博士を取得後、米国ミシガン大学に研究留学し、食事とIBDの関係を明らかにする研究に従事。

杉原康平をフォローする
IBDと食事
杉原康平をフォローする
GCare
タイトルとURLをコピーしました