寛解期:症状が安定している時期の食事

IBDと食事

記事は下記に移動しました。

IBD寛解期:症状が安定している時期の食事 | ほりた内科・胃腸内視鏡クリニック
IBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)寛解期の食事は、栄養バランスの良い食事を摂取しながら寛解状態を維持することが目標です。必要のない食事制限はQOLを下げるので気を付けましょう。最近では、低フォドマップ食の有効性が示唆されています。

 

杉原康平

管理栄養士(日本)、栄養学博士。自身のクローン病を機に、栄養学の興味を持ち、管理栄養士の道を目指す。よりIBDを専門に勉強したい、また栄養学的な立場からIBD治療に貢献したいと思い、栄養学の大学院に進学する。栄養学博士を取得後、米国ミシガン大学に研究留学し、食事とIBDの関係を明らかにする研究に従事。

杉原康平をフォローする
IBDと食事
杉原康平をフォローする
GCare
タイトルとURLをコピーしました