オンライン相談/コミュニティで悩みを解決しよう

(基礎編)脂質は食べてはいけないの?IBDと脂質 

IBDと食事

執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、米国管理栄養士)
監修: 杉原 康平(栄養学博士、管理栄養士)、堀田 伸勝(消化器専門医・医学博士)

 

こんにちは、ジーケアの宮﨑です。

食事の中で、IBD患者さんが一番気にかけるのが脂質ではないでしょうか?この脂質とIBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)との関係は昔から注目されていて、様々な研究が行われてきました。

今回は、IBDと脂質について詳しく解説していきます。IBDと脂質については、基礎編(主に知識部分)と実践編(生活の中での留意点)の2回に記事を分けて紹介していきます。

IBDと脂質のポイント

  • 脂質に含まれる脂肪酸の種類によってIBDヘの影響が異なる
  • 飽和脂肪酸・オメガ6系脂肪酸の摂取を控える
  • オメガ3系、オメガ9系脂肪酸を積極的に摂取

1. 脂質とは?

脂質は、肉類・魚類・卵・乳製品・油脂類などに多く含まれており、体のエネルギー源、体の中の膜や組織の生成に使われます。エネルギー源としては、炭水化物やたんぱく質と比べ、1gあたりに含まれるカロリーが多いことが特徴です(炭水化物、たんぱく質: 4kcal/1g 脂質:9kcal/1g)。

また脂質は、他の栄養素と比べ腸管への消化・吸収に関する負担が大きいと言われています。炭水化物やたんぱく質と比べ消化吸収に時間がかかることに加え、消化されずに残った脂質は、消化管の動きで押し出す必要があるために、消化管の動きが活発になると考えられているからです。さらに、脂質が免疫機能や腸内細菌にも影響を与える可能性があることがわかってきています。

脂質を構成する脂肪酸は、その化学構造の違いによって、いくつかの種類に分類されます。ほとんどの脂肪酸はヒトの体内で作り出すことができますが、必須脂質と呼ばれる一部の脂肪酸は、体内で生成できないため、食事からの摂取が必要となります。

そして興味深いことに、各脂肪酸の種類によってIBDに与える影響が異なることがわかってきています。以下の表は、脂質の種類と各脂質が含まれる食物をまとめたものです。

 

脂肪酸の種類と各脂肪酸が含まれる食物

 

脂肪酸の種類各脂肪酸が含まれる食物
飽和脂肪酸肉(牛、豚、鳥など)、バター、牛乳、その他乳製品、ラード、ココナッツオイル、パーム油など
不飽和脂肪酸単価不飽和脂肪酸オメガ9系オリーブオイル、キャノーラオイル、菜種油など
多価不飽和脂肪酸オメガ6系サンフラワーオイル、コーンオイル、大豆オイル、サラダ油、くるみなど
オメガ3系サバ、イワシ、鮭などの魚、魚介類、大豆、くるみ、えごま油、亜麻仁油

 

IBDに影響する脂肪酸は?

では具体的に各脂肪酸の種類とIBDへの影響についてみていきます。

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、融点が高く常温では固体であり、肉、バター、牛乳などの動物性食品に含まれます。

心臓に関わる循環器系疾患のリスクを上げる脂肪酸(1)として知られていますが、IBDとの関わりについてもいくつか研究があります。

飽和脂肪酸は、様々な疫学研究や動物実験でIBDの病態と関与している可能性があることが示唆されています。(2)(3)(4)

特に疫学研究では、飽和脂肪酸がIBDの発症リスクを高めることが示唆されています。(4)

また、飽和脂肪酸を多く含む赤身肉などの摂取は、潰瘍性大腸炎の再燃リスクを増加させることも明らかになっています。(5)

 

飽和脂肪酸の過剰な摂取は、循環器系疾患などのリスクを上げるため、IBD以外の疾患の発症予防や健康を保つためにも、飽和脂肪酸の多い牛肉は避け、鶏肉や豚肉で脂身の少ない部分(もも肉など)を料理のメインとして用いるようにしましょう。

 

オメガ9系脂肪酸

オメガ9系脂肪酸(オレイン酸など)は、オリーブオイル、菜種油、キャノーラオイルなどに含まれます。これらの脂肪酸が多く含まれる食事としては、地中海食*が有名で、循環器系疾患の抑制効果が確認されています。(6)

*地中海食:オリーブオイル、全粒穀物、野菜、果物、豆、ナッツが豊富な地中海沿岸諸国の伝統的な食事のこと

オメガ9系脂肪酸とIBDの関係は一貫した結果が得られていませんが、前向きのコホート研究において、オメガ9系脂肪酸の摂取が高かった群でIBD発症リスクが低かったことが確認されています。(7)

オメガ9系脂肪酸は、飽和脂肪酸やオメガ6系脂肪酸より炎症を悪化させるリスクは少ないと考えられているため、料理に油を用いる場合は、オメガ9系脂肪酸を含むオリーブオイルや菜種油を選択するようにしましょう。

 

オメガ6系脂肪酸

オメガ6系多価不飽和脂肪酸は、必須脂肪酸であるリノール酸やアラキドン酸などがあります。

大豆油やごま油などの植物油に多く含まれ、特に加工食品やスナック菓子にもよく使われる油になります。

これらの脂肪酸は、体内で炎症を誘導する脂質メディエーター(ロイコトリエン等)の材料として利用されるため、過剰な摂取は炎症を促進します。(8) 

疫学研究においても、オメガ6系不飽和脂肪酸の摂取量は、IBDの発症リスクを上げることが明らかにされているため、過剰な摂取は避けましょう。

特にスナック菓子や加工食品は、見た目から脂質がどれだけ含まれているかわかりにくいため、きちんと成分表示を見て、から摂取するようにしましょう。

 

オメガ3系多価不飽和脂肪酸

オメガ3系多価不飽和脂肪酸は、必須脂肪酸であるαリノレン酸や魚の油などに多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)があります。

オメガ3系脂肪酸は、オメガ6系脂肪酸が炎症を誘導する脂質メディエーターを抑えることによって、炎症を抑制することがわかっています。

またオメガ6系脂肪酸と共通の代謝経路を一部用いるため、近年ではオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の比率を整えること(オメガ6の摂取量を減らし、オメガ3の摂取量を増やすこと)が重要と考えられています。

IBDにおいても、オメガ3の比率が低いことがIBDのリスクの増加につながることが示唆されています。(4)

オメガ3系脂肪酸のサプリメントが市販されていますが、IBDの寛解維持におけるサプリメントの有用性は確認されていないため、IBD患者さんには推奨されていません。(9)

サプリメントからではなく、食事からオメガ3系脂肪酸を摂取するように心掛けましょう。

 

以上、IBDと脂質について解説しました。ひとえに脂質と言っても、実は様々な種類があり、各脂肪酸によって、IBDに与える影響が異なることをご理解いただけたと思います。

では次の記事では、具体的に、日々の食事の中で、脂質についてどのような点に注意すべきなのかについて紹介させていただきます。

IBDの食事の概要に関する記事はこちらまで:

IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)食事療法の基礎
IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)の食事療法の概要をまとめました。IBDでは、症状・病期などにより、推奨される食事内容が異なるので、どのような点が食事療法の判断のポイントになるのか等をまとめました。

なお、IBD患者さん向けコミュニティー「Gコミュニティ」のなかで、医療の専門家や他の患者さんに質問ができます。いくつかの質問にお答えいただくだけで匿名・無料で登録できます。ぜひ、ご活用ください。

Gコミュニティ | ジーケア | プロと患者さんが一緒に作るコミュニティ | IBD
Gコミュニティは、IBD(炎症性腸疾患)患者を対象とした、医療の専門家と患者さんが一緒に作るオンラインコミュニティです。本サービスでは、患者さんへ正しくわかりやすい医療情報と、専門家や他の患者さんと双方向性のコミュニケーションが取れる環境を提供することで、患者さんが悩みを解消し、前向きに生きることをサポートします。

参考文献

  1. Briggs M, Petersen K, Kris-Etherton P. Saturated Fatty Acids and Cardiovascular Disease: Replacements for Saturated Fat to Reduce Cardiovascular Risk.Healthcare (Basel). 5(2):29, 2017.
  2. Kim KA, Gu W, Lee IA,et al. High fat diet-induced gut microbiota exacerbates inflammation and obesity in mice via the TLR4 signaling pathway.PLoS ONE7:e47713, 2017.
  3. Gulhane M, Murray L, Lourie R,et al. High fat diets induce colonic epithelial cell stress and inflammation that is reversed by IL-22.Sci Rep.6:1–17, 2016.
  4. Hou JK, Abraham B, El-Serag H. Dietary intake and risk of developing inflammatory bowel disease: A systematic review of the literature.Am J Gastroenterol. 106:563–73, 2011
  5. Jowett SL. Influence of dietary factors on the clinical course of ulcerative colitis: a prospective cohort study.Gut. 53(10):1479-1484, 2004.
  6. Serra-Majem L, Roman B, Estruch R. Scientific evidence of interventions using the Mediterranean diet: a systematic review.Nutr Rev. 64:S27–47, 2006.
  7. De Silva PSA, Luben R, Shrestha SS, et al. Dietary arachidonic and oleic acid intake in ulcerative colitis etiology: a prospective cohort study using 7-day food diaries.Eur J Gastroenterol Hepatol. 26:11–8, 2014.
  8. Camuesco D, Gálvez J. Dietary olive oil supplemented with fish oil, rich in EPA and DHA (n-3) polyunsaturated fatty acids, attenuates colonic inflammation in rats with DSS-induced colitis.J Nutr.135:687–94, 2005.  
  9. Turner D, Zlotkin SH, Shah PS, Griffiths AM. Omega 3 fatty acids (fish oil) for maintenance of remission in Crohn’s disease.Cochrane Database Syst Rev. 28;(2):CD006320, 2014
宮﨑 拓郎

米国管理栄養士(RDN)、公衆衛生学修士 (MPH)、中小企業診断士。帝人ファーマ(株)で約10年間新薬のアライアンス・事業開発等を経験後、退職し渡米。2018年ミシガン大学公衆衛生学修士(栄養科学)修了。卒業後約8ヶ月間、大学病院等での管理栄養士インターンを経て米国管理栄養士資格取得。在学中から約2年に渡り同大学消化器内科臨床試験コーディネーターとして消化器疾患の臨床試験(低ファドマップ食など)にも従事。

宮﨑 拓郎をフォローする
IBDと食事
宮﨑 拓郎をフォローする
GCare
タイトルとURLをコピーしました