潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)寛解期の消化器症状に対する低フォドマップ食の効果

IBDと食事

記事は下記に移管しました。

潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)寛解期の消化器症状に対する低フォドマップ食の効果 | ほりた内科・胃腸内視鏡クリニック
潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)寛解期の消化器症状に対する低フォドマップ(FODMAP)食の臨床研究の結果を米国管理栄養士の宮﨑が解説しています。

 

宮﨑 拓郎

アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士(RDN)、公衆衛生学修士 (MPH)、中小企業診断士。2018年ミシガン大学MPH(栄養科学)修了。大学病院等での管理栄養士研修生を経て米国管理栄養士取得。在学中から同大学消化器内科臨床試験コーディネーターとして消化器疾患の臨床試験(低ファドマップ食など)にも従事。管理栄養士向け専門誌臨床栄養(医歯薬出版社)、ニュートリションケア(MCメディカ出版)などへ寄稿多数。ツイッターで海外食事情報発信中!

宮﨑 拓郎をフォローする
IBDと食事
宮﨑 拓郎をフォローする
GCare
タイトルとURLをコピーしました