IBSと食事

逆流性食道炎(GERD)に対する最適な食事とは?

逆流性食道炎(GERD)に対する食事療法について、科学的根拠をベースに米国管理栄養士の宮﨑が紹介しています。
IBDと食事

潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD) 貧血・不足する鉄分の補い方は?

IBDと貧血の関係や鉄が不足して発生する貧血に関する、その鉄分の補い方を紹介しています。
IBSと食事

過敏性腸症候群(IBS)と食物繊維

この記事では、過敏性腸症候群(IBS)と食物繊維について、食物繊維の概要や食物繊維の種類ごとの消化器症状への影響、食物繊維のIBSに対する効果やメカニズム、摂取時の留意点などを記載しています。
IBSと食事

過敏性腸症候群(IBS)とグルテンフリー食

グルテンフリー食とは何か、グルテンの関連疾患、そして過敏性腸症候群(IBS)に対する効果があるのかなどについてまとめました。
IBSと食事

過敏性腸症候群(IBS)と低フォドマップ食

このページでは、過敏性腸症候群(IBS)に対する低フォドマップ食に関して、低フォドマップ食の概要や実践方法、過敏性腸症候群に対する研究などについてまとめています。
その他

2019/11/3  みえIBD食事会  体験レポート

今回は、11月3日に、三重県の鈴鹿医療科学大学で行われたみえIBD(三重県のIBD患者会)主催のお食事会にお邪魔してきま...
IBDと食事

やっぱり大切、潰瘍性大腸炎/クローン病(IBD)と食物繊維

IBD(炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病)と食物繊維についてまとめています。食物繊維は、水溶性・不水溶性に分けられ、消化器症状に影響を与えます。食物繊維とIBDについても様々な研究が行われ、近年では、寛解期では食物繊維を徐々に増加することが推奨されています。
IBDと食事

不足に注意!潰瘍性大腸炎/クローン病(IBD)とビタミン・ミネラル

IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)では活動期・寛解期ともにビタミンとミネラルが不足することが多いと言われています。実際にIBDでは、どのようなビタミン・ミネラルが不足し、どのように不足を補っていくべきかを詳しく解説しています。
IBSと食事

IBSに食事は重要なのか?-IBSの食事療法-

過敏性腸症候群(IBS)と食事療法に関する概要をまとめました。IBSに対して、なぜ食事療法が大切なのか、IBSの食事療法として注目されている低フォドマップ食、グルテンフリー食、食物繊維、プロバイオティクスなどの概要を記載しています。 
IBDと食事

(基礎編)脂質は食べてはいけないの?潰瘍性大腸炎/クローン病(IBD)と脂質 

IBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)患者さんを悩ます脂質について解説しています。近年の研究の進歩により、脂質(脂肪酸)の種類によってIBDに対する効果が異なることがわかってきました。食材の例も示していますので、日々の食材選びや調理する際の参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました