IBDと食事

IBDと食事

やっぱり大切、IBD(炎症性腸疾患)と食物繊維

IBD(炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病)と食物繊維についてまとめた投稿です。食物繊維は、水溶性・不水溶性に分けられ、消化器症状に影響を与えます。また、食物繊維とIBDについても様々な研究が行われ、近年寛解期では食物繊維を徐々に増加することが推奨されています。
IBDと食事

IBD患者さんのお料理・お弁当の部屋がオープンしました。

Gコミュニティ内でオープンしたIBD患者さんのお料理・お弁当の部屋の紹介です。
IBDと食事

【IBD NEWS】IBD患者さんが自主的に制限している食べ物は?

IBD患者さんが自主的に制限している食べ物に関する研究の紹介です。このオーストラリアの研究では実に90%の患者さんが何らかの食事制限を行なっていること、オンライン上の情報も参考にしていることがわかりました。
IBDと食事

不足に注意!IBDとビタミン・ミネラル

IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)では活動期・寛解期ともにビタミンとミネラルが不足することが多いと言われています。実際にIBDでは、どのようなビタミン・ミネラルが不足し、どのように不足を補っていくべきかを詳しく解説しています。
IBDと食事

(基礎編)脂質は食べてはいけないの?IBDと脂質 

IBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)患者さんを悩ます脂質について解説しています。近年の研究の進歩により、脂質(脂肪酸)の種類によってIBDに対する効果が異なることがわかってきました。食材の例も示していますので、日々の食材選びや調理する際の参考にしてください。
IBDと食事

寛解期:症状が安定している時期の食事

IBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)寛解期の食事は、栄養バランスの良い食事を摂取しながら寛解状態を維持することが目標です。必要のない食事制限はQOLを下げるので気を付けましょう。最近では、低フォドマップ食の有効性が示唆されています。
IBDと食事

増悪期/活動期の食事の注意点

IBD(潰瘍性大腸炎/クローン病)の増悪期/活動期の食事の注意点を詳しく説明しました。IBD増悪期/活動期の食事では、高たんぱく質・低脂質・低食物繊維食など、消化管の炎症を悪化させず、腸管の負担の少ない食事がポイントとなります。
IBDと食事

IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)食事療法の基礎

IBD(クローン病/潰瘍性大腸炎)の食事療法の概要をまとめました。IBDでは、症状・病期などにより、推奨される食事内容が異なるので、どのような点が食事療法の判断のポイントになるのか等をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました