会社情報

私たちの思い

私たちの繋がりが社会を変えていく

—患者と患者に関わる全ての人が繋がり、社会への働きかけを通して、患者が安心して暮らせる社会を実現しますー

私たちが対象とするのは、炎症性腸疾患(IBD)をはじめとした、消化器系の病気の中で原因が未だ不明で生涯付き合わなければならない疾患をもつ患者さんです。

これらの消化器の病気は、原因不明で完治が難しく、患者さんは、腹痛や下痢などの症状を抱え、これらの症状や時に生じる入院での治療などが、学業や仕事、人間関係などに多大な影響を与えています。

しかし消化器の病気の領域では、特にIBDでは専門の医師が少なく、またインターネット上に溢れる医療情報の中で科学的根拠に基づいた情報の選別が困難です。

私たちは全く新しい、患者と専門家が共同で作るオンラインコミュニティの構築に取り組んでいます。患者さんはこのコミュニティを通して、医療の専門家や他の患者さんと繋がり、悩みや不安を解消することができます。

さらに、コミュニティを通して、患者さんの声を行政や製薬企業など疾患に関わる関係者へ届けることで、患者さんが安心して暮らせる社会を実現します。

会社概要

会社名   株式会社ジーケア
代表者   代表取締役 堀田伸勝、宮﨑拓郎
設立    2018年9月28日
本社所在地 〒101-0027 東京都千代田区神田平河町1番地第3東ビル312

メンバー

堀田 伸勝
代表取締役社長(共同経営者)

医師、医学博士。専門は潰瘍性大腸炎、クローン病など炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、などの消化器内科。日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医。2015年より米国ミシガン大学研究員。2018年7月より帰国し、現在都内病院にて診療に従事

宮﨑 拓郎
代表取締役社長(共同経営者)

米国管理栄養士(RDN)、公衆衛生学修士(MPH)、中小企業診断士。帝人ファーマ(株)で新薬アライアンス・事業開発等を経験後退職し渡米。2018年ミシガン大学公衆衛生学修士(栄養科学)修了後、大学病院等での管理栄養士研修生勤務を経て米国管理栄養士資格取得。同大学消化器内科で臨床試験(低ファドマップ食等)にも従事。3児の父。趣味はアメリカで楽しみを知った家族とのキャンプ。子育ても奮闘中。

鈴木 紀之
取締役・マーケティング責任者

経営学修士 (MBA)。製薬企業にて、マーケティング戦略、プロダクトマネージャー、営業等を担当した後、休職し渡米。2018年ミシガン大学経営学修士修了。在学中は、新規メディカルデバイス開発プロジェクトや診断薬・医療機器販売会社へのコンサルタント業務に従事。2018年8月より製薬企業にて事業開発を担当。3児の父。自然をこよなく愛する。趣味は囲碁、登山、サッカー。

狩野
ITエンジニア・データサイエンティスト

ミシガン大学 情報学大学院 PhD Candidate。専門はテクノロジーと社会変革(特に開発途上国におけるITの活用)。ITエンジニアと国際協力の実務経験を有し、開発途上国におけるIT人材育成などの研究プロジェクトなどを手がける。バングラデシュ、ルワンダへの長期滞在経験あり。主な使用プログラミング言語はPython、SQL、Perl、STATA。

西澤 眞璃奈
顧問

2014年に早稲田大学を卒業後、株式会社リクルートジョブズに入社。人材メディアの商品企画、戦略立案業務に3年間従事。2015年の自身の潰瘍性大腸炎罹患を機に、調剤薬局の経営改革支援する新規事業を社内スタートアップとして開始、調剤薬局向けCRMサービス「すこやくトーク」を開発。 2018年4月よりリクルートでマーケティングに従事しつつ、社外では事業開発やオープンイノベーションのコンサルティングを開始。

東瀛
IT顧問

日本IBMでの業務改革システム開発、スイスでのベンチャー立ち上げ、KPMGコンサルティングでのICT活用戦略コンサルティングを経て、2018年3月Arteryex株式会社を創業。医療情報の価値を患者に還元するプラットフォーム作りを目指している

杉原 康平
サポーター、食事/栄養関連記事の執筆・監修

管理栄養士(日本)、栄養学博士。自身のクローン病を機に、栄養学の興味を持ち、管理栄養士の道を目指す。よりIBDを専門に勉強したい、また栄養学的な立場からIBD治療に貢献したいと思い、栄養学の大学院に進学する。栄養学博士を取得後、米国ミシガン大学に研究留学し、食事とIBDの関係を明らかにする研究に従事。

西山 莉可
サポーター、薬剤関連記事の執筆

薬学修士。星薬科大学修士課程修了後、製薬企業にて創薬研究に従事。薬が体に入ってから排泄されるまでの流れ、薬の量と効果の関係、薬物の飲み合わせ(食事・薬物間相互作用)などを扱う薬物動態学が専門。

小田桐 博昭
サポーター、臨床心理学関連記事の執筆

米オクラホマ大学 修士課程修了(人間関係学部 臨床心理学専攻)。インターンとして米国の大学等にてカウンセラー兼アドバイザーを経験。帰国後は製薬会社に勤務。営業、貿易業務、海外子会社事業管理を経て、2016年上海に駐在。マーケティング、事業開発、中国関連子会社のコンサルを担当。

メディア掲載実績

アクセラレーター、助成金等採択実績 

東京都創業助成事業 令和2年度第1回採択

G-STARTUP(グロービスのスタートアップ支援プログラム)2nd Batch Incubation Track採択

ASAC(東京都のスタートアップ支援プログラム)第8期採択

田辺三菱製薬アクセラレータープログラム 優秀賞

タイトルとURLをコピーしました